バニラエア成田セブ便チェックイン~成田空港第3ターミナル~

 

昨年末に就航した日本のLCCバニラエアによる成田~セブ便。

 

私は航空会社がセールを開催した時に安いチケットを事前に購入しておくので、セブパシフィック航空の購入済みのチケットの消化が終わり、やっと先月からバニラエアに乗ることができました。

 

先月バニラエアの初回利用が欠航というなかなか珍しい経験をしたのですが(笑)

その時の記事はこちら

バニラエア セブ→成田便が欠航…

この時は気づかなかったのですが、私が持っているアメックスゴールドカードでは、欠航したその日の食事代が最大2万円まで保障されたので、美味しい物を食べれば良かったです(笑)

こういうことが起きないと調べないのである意味良い勉強になりました!

 

さて、先月もバニラエアに搭乗したのですが、あっという間に先日2回目の搭乗になってしまい、これからバニラエアを使う人のお役に立てればと記事にしたいと思います!

 

バニラエアは成田空港第3ターミナルです!

成田空港では、LCC=第3ターミナルというイメージですが(Peachは第1ターミナル)、国際線=第2ターミナルというイメージもあり、第2ターミナルから出発のフィリピン航空やセブパシフィック航空を使っていた人は、バニラエアの成田~セブ便も第2ターミナルからの出発と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。要注意です!(第2ターミナル→第3ターミナルまでは歩いて10分ぐらいなので、もし間違えてしまったとしても慌てないで下さいね!)

 

今回、私は自宅近くの駅から成田空港への直行バスを利用し第3ターミナルで降車。

 

 

ここはまだ日本、案内板を見て第3ターミナルへ向かいます。

今回は荷物が重かったのですが、下では台車が使えず大変でした…

 

そんなことにもめげずに第3ターミナルへ。

 

第3ターミナルは使っている航空会社も少なくコンパクトです!

 

チェックインカウンターが見つけやすい!

第3ターミナルは、第2ターミナルとは違いコンパクトなターミナルなので入るとすぐにバニラエアのチェックインカウンターを見つけることができます^ ^

 

初めてバニラエアを利用してセブにいらっしゃるお客さんから、バニラエアのチェックインについて質問されることがあるぐらいですので、分かりやすいって海外旅行に慣れていない人には、意外と大事なことですよね!

 

まずは入口を入ったところの『Aカウンター』には韓国系LLC『チェジュ航空』。

 

そしてお隣り『Bカウンター』は中国系『春秋航空』。

いつも広島に行く時にお世話になってます^ ^

 

そしてそのお隣り『C、Dカウンター』には日本のLCCといえばの『ジェットスター』。国内線と国際線とでカウンターが別々になっています。

 

そしてそのお隣り、入口から見て一番奥の『カウンターE、F』にバニラエアのチェックインカウンターはあります!ジェットスター同様、国内線と国際線とでチェックインカウンターが別々になっています。

黄色い看板が目立つので入口からでもすぐに分かります!

 

国際線カウンターである『Eカウンター』に向かうと

セブ便 専用のレーンがありますので並んで順番を待ちます。

 

 

手荷物だけの方は、自分でチェックインもできますので並ばずにチェクインができます。

 

セブパシフィック航空とは違い、チェクインの際に窓側、通路側を選択するだけでも、座席指定の追加料金が掛かると言っておりました。(もちろん一番前、非常口付近の広い席も)

 

バニラエアの場合は1,200円の追加で、足元が広い1列目・12列目・14列目のシートが指定できますので、約5時間の搭乗時間が快適に過ごせます。

 

身長180センチの私でも足がしっかり伸ばせます。

この座席の広さなら成田~セブ間約5時間の飛行時間も気になりません!

 

チェックイン完了後、今回は大きな荷物を持っていたのでチェックインカウンター後ろのコンベアーには流せず、自分で所定のカウンターに持って行きました。この辺はLCCターミナルですね…

ゴルフクラブ、サーフボードなどもこのパターンだと思います。

 

カウンターYに持ち込み、ベルトコンベアーに流してもらいました。

 

充実のフードコート

無事にチェックイン終了後は、フードコートで食事をしてからセキュリティーチェックに向かいましょう。

なぜならば、イミグレーション後の出国したあとは、飲食店はカフェが1店しかありませんので、こちらで食事をして行きましょう^ ^

 

最初にバニラエアを使用した時は、イミグレーション後にゆっくり食事をしようと思ったらレストランが1軒も無くてガッカリしたのです…

 

空港のフードコートといえば、値段が上に美味しくないということが定番ですが、第3ターミナルのフードコートはなかなか充実しています。

 

カフェでまったりも良し。

 

お寿司も良し。

 

お好み焼きも良し。

 

洋風どんぶり物も良し。

このスタイル、セブで出店してもイケそうな気がします^ ^

 

ハンバーガーも良し。

 

長崎ちゃんぽんも良し。

 

讃岐うどんも良し。

 

チェーン店ばかりですが、お手頃な価格でありサクッと食べられるので十分だと思います!

 

今回、私がチョイスしたのは『リンガーハット 長崎ちゃんぽん』

麺を通常の2倍にしても値段は普通盛りと変わらず、その価格設定にやられてしまいました(笑)値段は確か、580円+税だったと思います(お得)

 

 

第3ターミナルには、ローソン、ポストなどもあります!

第3ターミナルにはローソンがあります。第2ターミナルのように違うフロアにあったりはしないのでとても便利です。

私はここで、おにぎり、おせんべい、チョコレートなどのお菓子、カップラーメンなどを爆買いしセブに持ち込みました(笑)

これから海外へ出国する人にとって本当に便利だなぁと思いました。

セブに行く時には今後もお世話になります^ ^

 

大きくはありませんが、お土産ショップ、本屋さんなどもありますので旅行前の準備には十分かなと思います^ ^

 

 

 

ATMもあります!

 

直前で海外旅行保険にも入れます!

 

レートはとても悪いですが両替所も2つあります。

 

 

セブにいらっしゃる方は、セブ・マクタン空港のほうがレートは良いですので、無理に成田空港で円→ペソに両替しなくても良いと思います!

 

ちなみに同じ日のセブ・マクタン空港のレートは『1円=2.37ペソ』。

上記、第3ターミナルの両替所『1円=2.53ペソ』よりもレートが良いです。

 

私は日本滞在時に郵便を使うことが多いのですが、セキュリティーチェックに向かう手前にポストがあり私にとってはかなり好都合です!

 

集荷も1日2回あるので安心!

 

セキュリティーチェック~搭乗ゲートまでは時間が掛かりません。

フードコートで食事をして搭乗時間の1時間前に席を立てば十分に間に合いました。(繁忙期は早めに行動したほうが良いと思います。)

 

国際線の便数、搭乗ゲート数も少なく、さらにはセキュリティーチェック、イミグレーションはガラガラだったのですぐに搭乗ゲートまで行くことができました!(10分ぐらいで搭乗ゲートに着きました。)

 

バニラエア成田空港第3ターミナルでのチェックインはターミナルがコンパクトということもあり、派手さはありませんが無駄が無くとても機能的なので個人的には好印象でした!

 

 

これ以降の搭乗記はまた次回お送り致します^ ^

 

 

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

 

 

 

関連記事

日本の航空会社初の成田~セブ直行便就航!

バニラエア 成田・セブ便 明日19時セール始まります!

本日18時~ バニラエア 成田~セブ便セール始まります!

バニラエア 成田~セブ便 レギュラー運賃が片道9,880円に値下げ!

みなさん、バニラエアのセールでお安く成田~セブ便買えましたか?

バニラエア搭乗機~成田→セブ便~