セブで病気やケガをしてしまったら?セブドクターズホスピタルジャパニーズヘルプデスクへ!!

ポイント

・セブには『セブドクターズホスピタルジャパニーズヘルプデスク』という日本人スタッフが常駐する病院があり、病気やケガの時でも安心

・海外旅行保険、クレジットカード付帯の海外旅行保険が使用可能でキャッシュレスでも受診できる

・キャッシュレスで受診した場合、各保険会社への手続きも代行してやってもらえる

 

セブに旅行中、留学中に注意していても病気やケガをしてしまうことがあるかと思います。

 

そんな時にはセブにも日本人が安心して診察を受けられる大きな病院がいくつかあります。その中でも『セブドクターズホスピタル ジャパニーズヘルプデスク』では、日本人スタッフが常駐しており、病気やケガをして心細くなっている日本人を親切に対応してくれますので、病気やケガをしてしまったらまずはこちら行きましょう!

 

日本人でも安心して受診することができる総合病院がいくつかあるのが、私がセブに留学、移住した理由の1つです。

 

『セブドクターズホスピタル ジャパニーズヘルプデスク』の場所、行き方は?

場所はこちら

セブ州庁舎やオスメニアサークルなどがあるセブの中心地にあります。

マクタン島からはタクシーで約1時間~1時間半ぐらい。

タクシー料金は『UBER』で片道300ペソぐらいです。

 

『UBER』で行き先を入力する際は『cebu doctors university hospital』か日本語で『セブドクターズユニバーシティ病院』と入力すれば行き先を指定できます。

帰国後、クレジットカード会社に保険請求する場合は『UBER』で行ったほうが領収証を簡単に出力できるので良いかと思います。(病院を往復する交通費も保険対象のようです。)

また、タクシーで行く場合は、『セブドクターズ ニア オスメニア』と伝えれば大丈夫です。

 

セブの中心地なので何となくゴミゴミしています…

 

 

病院正面入口のすぐ脇に『ジャパニーズヘルプデスク』はあります。

 

 

受診する際に持参する物は!?

『ジャパニーズヘルプデスク』を訪れる際に必要な物は下記です。

 

海外旅行保険を使用する場合

・海外旅行保険証券

・パスポート

・キャッシュレスで受診できますが、念のため現金(帰国後に保険請求できます。保険請求をする場合は、必ず領収証を取っておきましょう!)

 

ジャパニーズヘルプデスクにて利用可能な保険会社

・損保ジャパン日本興亜

・三井住友海上

・ジェイアイ損害保険

・日新火災

・あいおいニッセイ同和損害保険

・CHUBB (旧エース保険)

・AIU保険

・エイチ・エス損保

・AU損保

・チューリッヒ保険

・ヘルスケアプログラム

・東京海上日動火災保険

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使用する場合

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する際には事前にカード会社に連絡を入れておくとスムーズになります。

 

自動付帯の場合(出国した時点で保険が適用)

・クレジットカード

・パスポート

 

利用付帯の場合(旅行中の交通機関の支払いに利用した場合)

・クレジットカード

・パスポート

・購入したEチケットとその購入が証明できるカード利用明細

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険には自動付帯と利用付帯とがあります。

自動付帯の場合は出国した時点で自動的に海外旅行保険が適用となります。

利用付帯の場合は日本での空港までの公共交通機関の料金、またはセブへの航空券、または現地での公共交通機関の料金をクレジットカード払いにすると海外旅行保険が適用となります。

セブへお越しの前に、ご利用のクレジットカードの海外旅行保険が自動付帯 or 利用付帯、出国後何日間有効なのかなどの適用条件をカード会社に必ず確認して下さい。

 

実際に『ジャパニーズヘルプデスク』で受診

セキュリティがバッチリなので入口は常に施錠されています。『ジャパニーズヘルプデスク』に到着したらドアベルを鳴らして中から鍵を開けてもらいましょう。

 

中に入ると日本人スタッフが症状などを聞いてくれ、問診票に必要事項を記入して診察を待ちます。

 

『ジャパニーズヘルプデスク』オリジナルのボトルウォーターがありました(有料)

 

診察はフィリピン人ドクターですが、日本人スタッフが付き添ってくれますので、ドクターの言うことを通訳してくれとても安心です。

 

また、薬の説明書きも日本語で書いてあり、本当に安心です!

 

事前に予約して行くとスムーズに受診することでき、この時は到着してから30分程度で受付~支払いまで終了しました!

 

薬の処方箋が出た場合は、『ジャパニーズヘルプデスク』の反対側に薬局があり、そのままそこで購入することがでとても便利です!

 

セブに旅行、留学中に病院を使うような病気・ケガをしないことが一番良いですが、万が一の時は慌てずに『セブドクターズホスピタルジャパニーズヘルプデスク』を訪ねてください!

 

施設名 セブドクターズホスピタル ジャパニーズヘルプデスク
営業時間 月曜日~金曜日:9時~18時

土曜日:9時~14時

日曜日・祝日は休業

WiFI あり
住所 Osmeña Boulevard, Cebu City, 6000 Cebu
地図

 

 

関連記事

マクタンのローカル食堂

マクタン島でセブ名物『レチョン(豚の丸焼き)』にトライしてみよう!

【LINE Out】がスゴイ!

【告知】セブ留学・移住・起業なんでも相談会 @東京

セブ島で風邪を治す

セブ島のお土産といえば7Dドライマンゴー!~7Dドライマンゴー直売所~