セブパシフィック航空 マクタン・セブ空港でのチェックインはどんな感じ?

 

日本への一時帰国の際、最近はバニラエアばかり使っておりましたが、セブパシフィック航空を使って久しぶりにセブ~成田を往復してみましたで記事にしてみました!

 

ポイント

・【超重要】マクタンセブ空港ではターミナルフィー750ペソが必要!

・早朝の移動は『Uber』で空港までの車を手配するのが便利!

・プライオリティ・パスで入れるラウンジもあります!

 

セブ出発は早朝5時50分!

この通り朝早すぎて辺りはまだ真っ暗です(笑)

 

成田への到着がお昼前なので午後が有効に使えて良いのですが、この時間は早過ぎですよね!

私はいつもこの便に乗るときは寝ません(笑)

どうしても寝てから3時ぐらいに起きる自信がないのです(泣)

0時ぐらいにマッサージに行き、2時間のマッサージを受けて3時ごろ自宅に帰り準備して4時前に自宅を出発というのがいつもこの便を使う時のパターンです!

 

早朝でも『Uber』なら簡単に車が見つかり超便利!!

 

『Uber』を使う前は、私が住んでいるエリアでは早朝の時間帯にタクシーを捕まえるのが難しく、タクシーが捕まるエリアまで歩いたり、ジプニーで空港に行くこともありました(笑)

しかし『Uber』を使えば早朝は少し車が到着するまで時間が掛かりますが、それでも車が必ず見つかるので本当に便利で時間が計算できるのでありがたいです。

この日も深夜?早朝??3時30分にも関わらず、10分ぐらいで住んでいる場所に迎えに来てくれるなんて本当に便利です!

 

今やセブに旅行に来る方にも必須のアプリですね!

『Uber』についてはこちらの記事をどうぞ!

マクタン島(セブ島)の移動は【UBER(ウーバー)】で決まり!

 

 

セブパシフィック航空は『NORTH WING』へ!

以前の国内線エリア。未だにタクシードライバーは『International(国際線)? Domestic(国内線)?』と聞いてくるドライバーが多いです。

自分たちでは飛行機に乗ることがないので仕方ないことですが…

もし上記のように聞かれたら『Domestic(国内線ではないですが…)』と答えておけば大丈夫です!『International(国際線)』と答えると、もれなく『SOUTH WING』で降ろされます(笑)

この『SOUTH WING』は以前は国際線の入口でした。もし間違えてこちらで降ろされたとしても、空港内はつながっていますので心配ありません。(歩いて1~2分の距離)

ちなみにこの『SOUTH WING』はフィリピン航空を利用する方はこちらの入口になります。

 

この季節の早朝4時ぐらいは、まだ辺りは真っ暗です…

 

『NORTH WING』の入口を入り

 

案内板に従い左方向へ進みます!

 

早朝の時間帯でもカフェやお土産屋さんはオープンしています!

 

『CHECK-IN』の看板に従って進んでいきます。

ここでパスポートとE-チケット(画像でも大丈夫)の提示を求められますのでE-チケットはプリントアウトかスマホに画像保存しておくと良いです。

『CHECK-IN』に向かう乗客がたくさんいるので流れで分かると思います。

 

セキュリティチェックを通過すると、右方向にセブパシフィック航空のチェックインカウンターがあります。

 

ディスプレイに行き先が表示されているので『Narita』の列に並びます。

 

パスポートとE-チケットを渡して(画像を見せて)チェックイン!

E-チケットはプリントアウトしていなくても大丈夫です!

入口を入る際にE-チケットの提示を求められますので、必ずスマホに画像保存して行ってくださいね!

(基本的にパスポートだけでチェックインできます。)

また、いつもは座席が広い『12列目』or『14列目』が空いている時は、チェックイン時にリクエストするとこの列に割り振ってくれるのですが、今回は残念ながら空いている席がなく通常の座席へ…

もちろん、日本語は通じませんが英語ができない日本人のチェックインに慣れているので問題なくチェックインできます。

 

ターミナルフィー750ペソが必要です!!

マクタンセブ空港ではチェックイン後に

ターミナルフィー750ペソ

の支払いが必要です!

 

チェックイン後、右前方にターミナルフィー支払いカウンターはあります。

大きく『TERMINAL FEE』『P750』と書いてあるので分かると思います。

 

現金のみでの支払いとなりますので、現金を全て使い切ってしまっていると、一旦外に出てペソに両替するなり、キャッシングでペソを引き出すなりして、現金で750ペソを用意しないといけませんので注意してください!

 

特にガイドブックなどを見ずにセブに旅行に来た方は要注意です!

通常は航空券に含まれていることが多く、出国時にターミナルフィーを払う国はほとんどないので旅慣れている人ほど出国時には現金をギリギリまで使ってしまいますよね…

特に東南アジアを旅慣れている人は要注意です!

マニラ空港の場合はターミナルフィーは航空券に含まれているので、早くマクタンセブ空港もそのシステムに変更して欲しいと切に願います。

 

ターミナルフィーを払ったあとは流れに沿って!

ターミナルフィーを支払ったあとは、他の乗客も出発エリアに向かうので人の流れに乗っていけば難しくありません。

また、空港が小さいのでイミグレーションを通過すると、すぐに搭乗ゲートに到着します。

 

いつも成田空港より進んでいるなぁと思うこの自動改札(笑)

最近はバーコードリーダーの精度が上がったようで、航空券のバーコードをスキャンさせるとすぐにゲートが開きます。

 

航空券をスキャンすると自分の名前が表示されこのようにゲートが自動で開きます。

 

そして最終のセキュリティチェックを通り

 

国際線搭乗口のある方へ

 

イミグレーション手前で先ほど支払ったターミナルフィーの支払いを確認されます。

 

そのあとはイミグレーションへ

 

早朝にも関わらずスタッフの数が少なく長蛇の列…

 

空港のフリーWIFIが繋がるので気長に待ちます(笑)

 

このショップは、ココナッツオイル、パパイヤ石鹸などのコスメアイテムやアクセサリーなどを売っているので意外と買えるものがあるかも!?

 

画像のようにイミグレーション通過後にはいくつかのショップがありますが、早朝ということもあり誰も買っている人はいません(笑)

 

 

どうしてもペソが余ってしまった人には両替所もあります。

当然レートは悪いですがペソを持って日本に帰国するよりも良いですね。

ペソをそのまま持って帰り、またセブに遊びに来て欲しいところですが(笑)

 

チェーン店の『コーヒービーンズ』は早朝ということもありまだ開店しておりませんでしたが

 

他のレストランは早朝でも営業しております。

レストラン、カフェも当然割高ですが、クレジットカードも使用できるので便利です。

 

こちらのイタリアンレストランが人気で、ほんとんど日本人でしたがお客さんが結構入っていました。

 

 

小さいながらもプライオリティ・パスなどで入れるラウンジもあります。

マクタンセブ空港のラウンジについてはこちらの記事をどうぞ!

マクタン・セブ空港にもラウンジがあります!(プライオリティパス使用可)

 

 

私はというと今回はラウンジは使わず、フィリピンではめずらしい自動販売機でお水を買うだけ(笑)

 

1本40ペソとスーパーの約4倍。

日本の空港で400円でお水を買うイメージですね…

 

 

そうこうしているうちに、この日は定刻よりも30分程度早く搭乗開始となりました。

 

朝焼けに包まれた飛行機は定刻よりも約15分早く離陸し成田空港を目指しました!

 

機内の搭乗率は60%といったところでしょうか?

土曜日であったため、留学が終了して帰国するような日本人が多かったように思えます。

 

そして成田空港にも定刻より約20分早く到着して、午後の時間を使えるのがセブパシフィック航空、セブ→成田便の良いところ。

 

早速、昼食と夕食にらーめんを堪能し、短い日本滞在を楽しみました(笑)

 

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!