セブ・マクタン島、女子旅の夜遊び〜マッチョバー編〜

セブの夜遊びといえば、男性がメインです!

[post id=”7210″]

※少々古い記事ですみません…

 

しかし最近のセブは女子旅のお客さんも本当に多い。

女子旅のお客さんの中でも毎晩マッサージばかりではなく、アクティブに夜遊びもしてみたいというお客さんは意外と多いです。

今回は夜遊びも楽しみにセブに遊びに来た女子旅のお客さんと一緒に、マクタン島の夜遊びに繰り出してきましたので、その模様をお伝えします!

 

ココがポイント!
  • 女子にはイケメン揃いのマッチョ(ソフト)バーがオススメ
  • 料金は高からず安からずといった感じ!(日本のホストより断然安い!)
  • 夜遊びに行くときはあまり大金は持たず、貴重品はホテルに置いておきましょう!(酔っ払うので)

 

イケメンを求めてマッチョバーへ!

行った先はマクタン島の最近勢いのある

マッチョバー『VALENTINO』

この地ではもちろんマッチョバーとは言わず

『MALL ENTERTAINMENT BAR』

となります(笑)

 

場所はこちら

タクシーで行く場合は『クラウンリージェンシーホテル マクタン』を目指して行くと良いと思います。『クラウンリージェンシーホテル マクタン』から徒歩1分ぐらいの距離です!

近くまで行けば写真のように怪しくビカビカ光った看板が見えるので分かると思います。

個人で行く場合は必ずタクシーでお店の入口まで行ってもらいましょう!

 

いよいよ少々緊張しながら店内へ!

お店の入口はローカル感満載ですが、優しいガードマンが笑顔で迎えてくれます!

 

看板に従って中へ入ります。

 

少々、怪しい雰囲気の階段を登ると

 

ダンサーたちのイケメン!?写真がお出迎えです(笑)

 

ドアを開けていざ店内へ!

 

入ってすぐのバーカウンターを過ぎるとそこには別世界が広がります!

 

店内はこんな雰囲気です。

ローカル感はありますが店内は安全で、スタッフもみんな優しく対応してくれます。

 

ステージは小さいですがしっかりポールもありなかなか立派です!

 

こんな感じのダンサーたちが、タンクトップ、ホットパンツ、膝にサポーター、ブーツ姿でスローバラードに合わせて、まったりとステージ上で踊ります。(このようなTシャツ、ジーバン姿では踊りません。)

いろいろなタイプのダンサーが代わる代わる踊ります。

※店内は撮影禁止なので実際のダンス姿は店内で確認してください。(この写真はお店のママに許可をもらいました。)

 

DJブースもしっかりあります。DJブースの横で踊りながら上からダンサーを眺める感じで飲むことも可。

 

遊び方、料金は?

料金体系は

・エントランス(入場料)・・・200ペソ/1人

・ドリンク・・・150ペソ前後/1杯

・ダンサードリンク・・・480ペソ/1杯

・ダンサーリクエスト・・・500ペソ/1回

 

ドリンクメニュー

 

今回は20代後半の女性2人と行って、約2時間たっぷり楽しんで、会計が3,000ペソ(約6,000円)ぐらいでした。

 

遊び方は

・いろいろなタイプのダンサーが踊りますので、それをただ眺めながら飲むのも良し

・気に入ったダンサーがいたら隣に座らせて、ドリンクを一緒に飲みながら楽しく過ごすも良し(別途、ダンサードリンク代必要です。)

・おカマのママやおカマのダンサーと踊りなが楽しく飲むのも良し(笑)

・お店に行く時間は22時過ぎてから行くのがオススメ

 

英語ができなくてもダンサー達は簡単な単語でスウィートに接してくれるので問題ありません!

また、最初は緊張したり周りの目を気にすると思いますが、すぐに打ち解け、自分からダンサーに近づくこと間違えなしです!

 

1〜2時間なら普通に楽しんで1,500ペソ/1人ぐらいで楽しめると思います!

またド派手に遊んでも日本で遊ぶのに比べたら激安です。

 

店内は安全ですが、深夜で酔っ払うことになりますので、十分、気をつけて楽しんでくださいね!(特に帰り)