【超おすすめ】タイ・バンコクに短期(1週間)英語留学に行きました!

インターナショナルハウスバンコク

『International House Bangkok(インターナショナルハウス・バンコク)』に1週間の短期英語留学!

インターナショナルハウスバンコク

私はフィリピン・セブ島に移住しておりますが、フィリピンと同じぐらいタイも大好きで、年に2回はタイに行っております。

最近ではタイに観光だけで行くのはもったいないと思い、タイの英語学校に留学しながらタイを楽しむスタイルになっています。

意外とこの『旅行+英語留学』(私の場合はあくまで旅行が主)はオススメです。

この組み合わせは英語の勉強だけでは物足りないなぁ、また観光自体はあまり興味がないなぁ(もう既に行ってしまった)、でもタイは好きだなぁ(英語も勉強したいなぁ)という人に特にオススメです。

また、タイの英語学校ではネイティブ講師との授業が格安で受けられるため、セブ留学で初心者を脱した英語学習者にもオススメです。

ちなみに私は今回で4回目のタイ英語留学となりました。(1週間を4回)

 

このページに辿り着いた方は、バンコク英語留学、International House Bangkok(インターナショナルハウス バンコク)について調べていた方がほとんどだと思います。

 

結論を先に言うと、バンコク英語留学、International House Bangkok(インターナショナルハウス バンコク)はとてもオススメですので、ぜひトライしてみてください!

 

タイ・バンコク英語留学がおすすめな10の理由
  1. 講師は全員ネイティブ講師(全員CELTA保有)!
  2. 欧米留学と同じカリキュラムが東南アジア格安価格!
  3. 国際色豊かな留学生(ヨーロッパ、アジア各国)!
  4. バンコクの中心地にあり便利!
  5. ワットポー、マーケットなど観光地多数!
  6. 食事・ホテル・移動費なども格安!
  7. ローカル屋台などタイ料理が格安で美味しい!
  8. 日本食レストランも豊富!
  9. 1年中温暖な気候(雨季でも問題なし)!
  10. 日本からのフライトが多数(LCCで格安も)!

 

挙げたらキリがないぐらいたくさんあるのですが、今回は特に重要なこれら10項目について解説いたします!

 

①講師は全員ネイティブ講師(イギリス多め)

しかも全員が英語教師資格の最高峰『CELTA』を保有。

私が留学した時は下記の講師たちの授業を受けました。

 

【月曜日】

インターナショナルハウスバンコク

アメリカ・シアトル出身 ジェミー講師が3時間担当。イケメンですよね?!

 

【火曜日】

インターナショナルハウスバンコク

イギリス出身 リッチー講師が3時間担当。昨日に続き、またまたイケメンですよね?!

 

【水曜日】

インターナショナルハウスバンコク

イギリス出身 マッスー講師が3時間担当。落ち着いた知識豊富な講師。

 

【木曜日】

インターナショナルハウスバンコク

イギリス出身 アンドリュー講師が3時間担当。ちょいちょいジョークを挟む楽しい講師。

 

【金曜日】

再び、ジェミー講師とマッスー講師がそれぞれ1コマずつ(2時間・1時間の計3時間)担当。

 

もちろん全てはネイティブ講師。今回はイギリス出身の講師が多かったですね。

私は『Pre-Intermediate』クラスで授業を受けたのですが、内容自体は程よい難しさで、さらに講師がネイティブということで適度な緊張感が出ていたかと思います。

また、前回までは女性講師の授業もあったのですが、今回はタイミングで男性講師、しかもイケメン??講師ばかりでした。

女性にはイケメンが多いからそれだけでモチベーションがUPするかも??

 

②欧米留学と同じカリキュラムが東南アジア格安価格

インターナショナルハウスバンコク

基本的には教科書に沿って授業は進みます。

世界的に有名な英語講師資格『CELTA』を有する講師たちが教えますので、カリキュラムは欧米留学と一緒です。

 

今回使用した教科書の内容は

インターナショナルハウスバンコク

『今後の予定』についての表現

 

インターナショナルハウスバンコク

『ホテル』の施設についての表現

 

などなど、よくある基本的な表現がその日のトピックスになります。

 

③国際色豊かな留学生(ヨーロッパ、アジア各国)

インターナショナルハウスバンコク

今回一緒になったクラスメイトは、中国人、韓国人、インド人、日本人(私以外にもう1人)の4ヶ国計5人。(この日はインド人はいませんでした。)

 

ちなみに近くの教室はこんな感じの国構成でした。

 

インターナショナルハウス

インターナショナルハウス

私の一つ下のクラス『Elementary』は、日本人3人、台湾人2人の計5人のクラス。5人中4人は女性ですね。

 

インターナショナルハウス

インターナショナルハウス

私のクラスの一つ上のクラス『Intermediate』は、韓国人3人、日本人1人、イタリア人1人の計5人。

 

インターナショナルハウス

インターナショナルハウス

そして私のクラスの2つ上のクラス『Upper Intermediate』は、スイス人2人と韓国人1人の3人のクラス。日本人はこのクラスになるといませんでした…

 

インターナショナルハウスバンコク

授業中はほとんどの時間で、隣の人とペア組んで一緒に問題を解いたり、時には全員で一緒に問題を考えたりとクラスメイトと話すことが多いです。

そこで一つ問題なのは、いくら講師がネイティブでも、クラスメイトはネイティブではなく各国の発音のクセがあること。

日本人には日本人のクセ、中国人には中国人のクセ、韓国人には韓国人のクセ、インド人にはインド人のクセ、それぞれに母国語の発音に近くなること…

特にインド人のクラスメイトは時には何を言っているのか全くわからない時も(笑)

 

ネイティブからネイティブの発音を学ぶことも大切ですが、私はこれからもネイティブの人よりもアジアの人と英語を使う機会が多いので、各国の発音のクセを知ることも大事なと思った今回の留学でした。

 

バンコクの中心地にあり便利!

ターミナル21

『International House Bangkok(インターナショナルハウス バンコク)』は、バンコクの中心地・繁華街の1つBTS『Asok(アソーク)』駅と『Nana(ナナ)』駅の間にあり、両駅から徒歩約5分と好立地な場所にあります。

 

『Asok(アソーク)』駅から『International House Bangkok(インターナショナルハウス バンコク)』までの風景はこんな感じです。

何となく繁華街であることは伝わりましたでしょうか?

 

ワットポー、マーケットなど観光地多数!

ワットポー

ワットポーなどの有名寺院、インスタでも話題の寺院、ナイトマーケット、大きなショッピングモールなどでのショッピング、ルーフトップバーなど週末に出かけるネタには事欠きません。

 

週末はのんびりするのも良し、出かけるのも良し、それぞれの楽しみ方ができるのがバンコク留学の良いところでもあります。

 

⑥食事・ホテル・移動費なども格安!

カオマンガイ

【食事】

食事は屋台やショッピングモールのキレイなフードコートで、美味しいタイ料理が1食200円ぐらいから食べられます。ビールも150円ぐらいで飲めます。

日本食レストランも本当にたくさんありますので、タイ料理が苦手な人やタイ料理に飽きてしまった場合でも全く問題ありません。

 

【ホテル】

マイホテルヘリテイ

ホテルは1泊5,000円以下で宿泊できるホテルが多数あります。

今回私が宿泊したホテルは、1週間単位で申し込むと1泊3,000円程度と格安です。

 

【移動】

バンコク

バンコクの中心地はBTS(電車)、MRT(地下鉄)の公共交通機関があるのでほとんどの移動が鉄道の利用の場合、1回100円〜200円程度で移動可能です。

またタクシー料金も初乗りが150円程度と格安で利用できます。

 

屋台などタイ料理が格安で美味しい!

タイラーメン

⑥と少し被りますが、タイ料理が本当に美味しい。

おしゃれなレストラン、ショッピングモールにあるレストラン、ショッピングモールにあるフードコート、そしてローカル屋台と、いろいろなスタイルでタイ料理を楽しむことができるのもバンコク英語留学の魅力の一つです。

私は、カオマンガイ、ガパオライス、タイラーメン、空心菜の炒め物を特によく食べます(笑)

 

日本食レストランも豊富!

一風堂バンコク

もしもパクチーが苦手でタイ料理が食べられなくても心配は要りません。

特に『International House Bangkok(インターナショナルハウス・バンコク)』周辺にはたくさんの多種多様な日本食レストランがあり、食事に困ることはありません。

また、いろいろな日本食レストランではお得なランチメニューを提供しているレストランもあり、こういうレストランをランチホッピングするのも楽しいです。(だいたい一食800円ぐらい)

そして私が今回宿泊したエリア『プロンポン駅』周辺には、現地では超有名な日本食材スーパー『Fujiスーパー』があり、日本と同じ総菜やお弁当などを購入することができます。

昼は、日本食レストランのランチメニューで美味しいものを、夜は『Fujiスーパー』のお弁当や総菜、フードコートや屋台のタイ料理などで節約など、それぞれのライフスタイルに合わせて楽しむことができます。

 

1年中南国な気候(雨季でも問題なし)!

ワットポー

バンコクは年間を通じて南国の気候なので、Tシャツ・短パンでも毎日が過ごせます。

また、今回はちょうど雨季に留学に来ましたが、1日中雨が降ることはなく、雨が降っても1時間程度のスコールなので、嫌な思いをすることはほとんどありません。逆に雨が降ると気温が下がり過ごしやすくなるので留学には快適です

そういう意味では、留学には雨季の方が向いているかもしれません。

 

日本からのフライトが多数(LCCで格安も)!

成田バンコク飛行機

東京(羽田・成田)〜バンコク間は何と1日19便の直行便が飛んでいます。

 

タイエアアジア

成田空港からはエアアジアなどのLCCも飛んでいるので、セールなどをうまく使えば往復3万円代の買えることもよくあります。

 

タイエアアジア

今回のセールをちょっと覗いてみると、来年1月の搭乗で手荷物のみですが、往復約2万円で成田〜バンコク間の往復チケットが購入できます!(激安ですね!)

 

『International House Bangkok(インターナショナルハウス・バンコク)』はどんな学校?

・学校概要

学校名 International House Bangkok
インターナショナルハウス バンコク
住所 9F The Trendy Office, Sukhumvit Soi 13,
Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110
講師数 約15人
講師国籍 アメリカ、イギリス他
留学期間 毎週月曜日から1週間〜
地図 BTSアソーク/ナナ駅より徒歩約5分

Web Webサイト

※日本人スタッフはおりませんが、タイ人スタッフの対応が良いので問題なしです。

 

・コース概要

GE15 午前3時間・2コマ(全てグループ授業)
・9時〜11時(1コマ目)
・11時15分〜12時15分(2コマ目)
1週間合計15時間の授業(全てグループ授業)
GE25 上記GE15に午後2時間のグループ授業を追加
・9時〜12時15分(GE15)
・13時〜15時
1週間合計25時間の授業(全てグループ授業)
BE25 上記GE15に午後2時間のビジネス英語を追加
・9時〜12時15分(GE15)
・13時〜15時(ビジネス英語)
1週間合計25時間の授業(全てグループ授業)
その他 上記コースが受講生の多いコースです。
ほとんどの生徒は午前のみのGE15。
各種試験対策、マンツーマン授業もあり。

 

・コース料金(バーツ・円(2019年10月のレート換算))

GE15 ・1週:6,300バーツ(22,000円)
・2週:11,400バーツ(40,000円)
・3週:17,100バーツ(60,000円)
・4週:22,800バーツ(80,000円)
※5週以上も可。お問い合わせ下さい。
GE25

BE25

・1週:10,100バーツ(35,000円)
・2週:19,000バーツ(66,500円)
・3週:28,500バーツ(99,800円)
・4週:38,000バーツ(133,000円)
※5週以上も可。お問い合わせ下さい。

※1. 上記料金には、授業料と教科書代。

宿泊、食費等の費用は一切含まれていません。

※2. 入学金は発生しません。

 

そうです、ざっくり言うと、午前中3時間の授業のみであれば、1週間約2万円程度でCELTA資格保有のネイティブ講師から授業が受けられるのです!

 

実は、私はタイ好きが高じて、タイ留学エージェントをやっております!

セブ留学ももちろんオススメなのですが、初級者を脱した人にはバンコク留学もとてもオススメです!

 

タイ英語留学についての詳細はこちらのWebサイトにも記載しております。

参考 インターナショナルハウス バンコク

 

ぜひ、タイ英語留学に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

バンコク英語留学についてのお問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ!

友だち追加