【バケットシュリンプ】セブヨットクラブにあるおすすめレストラン②〜新マクタン飯 Vol.2〜

マクタン島でエビを食べるなら『バケットシュリンプ(Bucket Shrimps)』@セブヨットクラブ

今回は、今、マクタン島で一番盛り上がっているであろうエリア、セブヨットクラブ(Cebu Yacht Club)にある、『バケットシュリンプ(Bucket Shrimps) マクタン店』を紹介します!

エビを思いっきり食べたい気分の時にはおすすめのレストランです!(エビ以外のメニューは少なめ)

このお店は、コロナ前にもこのヨットクラブ内にありましたが、すぐ近くのロケーションがさらに良い場所に移転しておりました。

このレストラン、コロナ前も有名なレストランでセブ全体で3〜4店舗が営業しておりましたが、現在はグーグルマップでチェックしてみると、2店舗に減ってしまったようですね。(スタッフは4店舗ぐらいあると言っておりましたが…)

 

『バケットシュリンプ(Bucket Shrimps) マクタン店』
  • エビが食べたい気分の時におすすめ!
  • セブ側の夜景を見つつ食事がしたい人!
  • 大人数でワイワイ、ローカルの雰囲気も楽しみたい人!

※メニューは少ないので、いろいろな料理・ドリンクを楽しみたい方には不向きです。

 

『バケットシュリンプ(Bucket Shrimps)』について

場所は?

マクタン島の今、一番アツいエリアであろうセブヨットクラブエリアにあります。

 

空港近くのアイランドセントラル(写真では左)の横の道を海の方に進んで行くと、写真でも確認できますが、まっすぐ進んで行くと前方に見えてきます。(写真の道の延長線上に光っているのがお店です。)

 

道を進んで行くと右側に『マリーナシービューレストラン』が見えますが、まっすぐ進んで行きます。写真でも左前方奥に明るく光っている建物が見えますよね。そこが『バケットシュリンプ(Bucket Shrimps) マクタン店』です。

 

『MACTAN WHARF』の看板をくぐり

※『MACTAN WHARF』とは、マクタン船着き場、桟橋という意味です。

 

中に進んでいくと右側に『バケットシュリンプ(Bucket Shrimps) マクタン店』があります。

 

ちなみに左側は大規模な建設工事が行われていて、セブの大将情報によると、カモテス行きなどの船が停泊できるような船着き場を建設中とのことです。

船着き場が完成すると、人通りも多くなってさらにこの周辺がアツいエリアになりそうですね!

 

雰囲気は?

外から見ると写真のように掘っ立て小屋、簡易的に建てられたようなチープな作りです(笑)

ただ、使わなくなったコンテナを再利用して建てられていることが中に入って分かり

費用を掛けずに上手く建てているなぁ

と、一緒に行ったセブの大将と感心させられた作りでした。

日本人でこの発想(費用を安く、でもセンス良く)でレストランを作れる人はなかなかいないですよね。どうしても日本人はキッチリと作りたいですもんね。

 

店内の雰囲気はこんな感じです!

 

2階席は座席が少ないのですが、360度を見渡せセブ側の夜景も見えるので、海風に当たりながらとても気持ちが良く食事ができます。

豪華さは全くありませんが、かなりいい感じの雰囲気です。

ローカルの人も気軽に来れる雰囲気で、この時も私たち以外のお客さんは、全員フィリピン人でほぼ満席でした。

 

私たちが行ったときには2階のオープン席は満席だったので、奥にあるコンテナを改造したエリアに案内されました。

コンテナの壁を切断し圧迫感が無いように上手く加工しています。

 

オーナーさんの趣味なのか、ところどころに仏陀の絵が書かれていていました。私はこのセンス好きですが(笑)

 

1階には、仏陀をコンセプトにしたいろいろなお茶を売るスタンドがありました。レストランとは別オーダー、別会計みたいです。

 

お茶のメニューはこんな感じです。

 

メニューは?

バケットシュリンプ(Bucket Shrimps) のメニューは至ってシンプルです。

表面には、5〜6人用のパーティーメニューが2つ。

 

裏面には、下記シーフードを3種類のソースから1つ選んで食べるメニュー

SHRIMP(エビ)・・・420ペソ

MUSSEL(ムール貝)・・・290ペソ

SCCALLOPS(ほたて貝)・・・290ペソ

SAUCY CRAB(カニ)・・・310ペソ

SHRIMP(エビ)&MUSSEL(ムール貝)・・・380ペソ

SHRIMP(エビ)&SCCALLOPS(ほたて貝)・・・380ペソ

 

特にグラム表記はありませんので、どのくらいの量が来るかは来てからのお楽しみです(笑)

 

選べるソースは

・CAJUN(辛めのソース)

・GARLIC BUTTER(ちょい甘めのソース)

・CURRY(カレーソース)

の3種類。

 

私たちは、SHRIMP(エビ)をGARLIC BUTTERソースで注文。

 

出てきたのは、たっぷりのGARLIC BUTTERソースが絡められた美味しそうなエビでした。

以前は、小さなバケツに入っていましたが今回はステンレスのボールでした。

見た目、量が少なそうに見えますが、意外と量が入っているので、50代2人にはサンミゲルビールとこれをシェアしてちょうど良い量でした。

味が濃いのでライスも頼むといいですね。

 

少々お見苦しいですが、2人で食べたエビの殻の残骸。

これで1オーダーがどのくらいの量のエビかイメージが沸きますでしょうか!?

セブの大将の話では、今はエビの値段が高騰しているので、この量のエビでこの価格はとても良心的な価格とのことです。

確かに他店と比較可能なサンミゲルライト(瓶)を80ペソで提供しているので、この値段からも良心的な価格設定であることが想像できます。(他のレストランでは100ペソぐらい)

 

食べる時はビニール手袋をして手づかみで黙々とワイルドに殻を剥きながら食べます。

 

お皿は用意されず、そのまま捨てられる紙を使用。

 

手袋をしていても手が汚れるので親切に1階、2階ともに水道が設置されています。

 

サンミゲルライト・・・80ペソ

サンミゲルライト以外のアルコールは置いていないという潔さです(笑)

他のドリンクも、ソーダ(50ペソ)、アイスティーピッチャー(100ペソ)、お水(40ペソ)のみ。メニューを絞ってその分、安く提供しているようです。

あとは、先ほど紹介したお茶スタンドでドリンクを買ってもらえばということなのでしょう。

 

その他メニューは、ちょっとしたフィリピン料理とバーベキューがあるようです。

メニュー表にメイン料理の写真があるので選びやすいと思います。

周りのテーブルを見てみると、エビともう1品何かフィリピン料理を頼んでいるお客さんが多そうでした。

 

写真のようにスタッフたちはみんな感じが良く、2階席のケアも十分してくれて料理の提供も思っていたよりも早かったです。(メニューが絞られているからかな?)

このレストランに行った際は、ぜひスタッフたちに話しかけてみてください!

そして一緒に写真を撮るととても喜ぶと思います(笑)

 

 

このような感じのバケットシュリンプ(Bucket Shrimps) ですが、味良し・価格良し・ローケーション良し・スタッフ良しで、リピート確定のレストランとなりました!

 

また、行くときは海沿いのオープンスペースなので、虫除けスプレーを持って行くことを強くおすすめします!また、手が汚れるのでウェットティッシュがあるとより良いと思います。

 

『新マクタン飯』シリーズの過去記事もぜひご覧ください!

マクタン島でサムギョプサル食べ放題(2)『Hangang(ハンガン)』〜新マクタン飯Vol.36〜呑ん気マクタン島で日本食(2)『呑ん気(NONKI)マクタン店』〜新マクタン飯Vol.35〜oishiマクタン島で日本食(1)『Oishi Cebu』〜新マクタン飯Vol.34〜マクタン島の新しいカフェがとても良かった!『CAFE SOOM』〜新マクタンカフェVol.3〜マクタン島の超ローカル屋台村で豚の脳ミソを食べる!〜マクタン飯Vol.33〜マクタン島の新しいイタリアンレストラン『Joey’s Table』〜新マクタン飯Vol.32〜オーガニックミルクを使ったアイスが食べられるカフェ『HONEYTREE』〜新マクタンカフェVol.2〜マクタン島リゾートエリアで美味しいタコスを食べる!『BIG TACO』〜新マクタン飯Vol.31〜ジョリビーがアメリカで『最高のフライドチキン』に選ばれる!〜新マクタン飯Vol.30〜makchangマクタン島おすすめ韓国焼肉店『MAKCHANG(マッチャン)』〜新マクタン飯Vol.29〜

 

※メニューの価格は、サービスチャージ・税金が含まれた価格なので分かりやすいです。

店名 バケットシュリンプ(Bucket Shrimps)マクタン店
ジャンル エビ料理/フィリピン料理
料金(1人) 500ペソぐらい
クレカ 現金のみ
営業時間 11時00分~21時00分
TEL 不明
地図
Web https://www.facebook.com/bucketshrimpsmactan/