【6月更新/徹底解説】フィリピン ワン・ヘルス・パス(One Health Pass)登録・入力方法!

【6月更新/徹底解説】フィリピン ワン・ヘルス・パス(One Health Pass)登録・入力方法!

・ワンヘルスパス(One Health Pass)とは?

ワンヘルスパス(One Health Pass)とは、フィリピン免疫省に対して、ワクチンの接種状況や健康状態を登録するフォームです。

フィリピン入国時には、入力完了後に発行されるワンヘルスパス(One Health Pass)の提示が入国条件の1つとなっております。

 

最初に、実際にワンヘルスパス(One Health Pass)を発行してみて分かった注意事項をお伝えします。

 

ワンヘルスパス(One Health Pass)は下記画像のように2種類あります。どちらのパスでも日本出国、フィリピン入国は問題なくできます。

 

違いはフィリピン入国時にエクスプレスレーンを【通れる】か【通れない】かの違いです。

 

①バーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)※エクスプレスレーンが通れない

こちらは入力完了後、即、発行されます。

 

②QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)※エクスプレスレーンが通れる

こちらは、私の場合は入力完了後、約30時間後にメールで届きました。

緑の文字で

『QUALIFIED FOR EXPRESS LANE』(エクスプレスレーン適合者)

が付け加えられています。

 

どちらを使用しても、日本出国時のチェックイン、フィリピン入国時のイミグレーションを通過することができますが、QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)は事前にフィリピン側のチェックが完了しているので、イミグレーションに直接行けるエクスプレスレーンを通ることができます。

一方、バーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)は、入力後即発行されるものでフィリピン側のチェックが完了していないため、フィリピン到着後、スタッフにより目視での書類チェックがありますので入国審査までに時間が掛かります。

 

フィリピン入国の際はQRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)を使用しましょう!※バーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)でもフィリピン入国はできます。

 

 

ワンヘルスパス(One Health Pass)入力時に必要な書類

・パスポート(パスポート番号の入力)

・航空券(フライトNoや到着空港などの入力)

・ワクチン接種証明書(画像をアップロードしますので写真データも必要)

※3回目のワクチンが未接種の方は陰性証明書も必要です。

上記書類を揃えてから入力を始めましょう!

 

入力フォームは英語表記のみです。入力する際は時間に余裕を持って、落ち着いて入力しましょう。

私は入力に10分ぐらい掛かりました。

以前に比べたら簡素化されているようですがまだまだ時間は掛かりますね。

 

入力後どのくらいで発行される?

全ての入力が完了すると、即時に下記のようなバーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)の画面が表示されました。

到着48時間以前に入力したデータは無効という話がありましたので、私は入国48時間前から入力を始めました。

 

その後、約30時間後にエクスプレスレーンが通れる、QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)がメールで届きました。(入力後は、メールを待つだけです。)

 

どのサイトから入力?

下記のリンク先より入力できます。

https://onehealthpass.com.ph/e-HDC/OHP/Registration/

スマートフォンやPCから入力可能です。

 

アクセス後、注意事項が出てくる場合は、一読してOKやCLOSEを押して閉じます。

 

ワンヘルスパス(One Health Pass)の入力手順

実際の入力フォームの全容です。1枚でスクショをしたので縦長で見にくくてすみません。

ざっくりとどのくらいの入力項目があるのかが分かりますか?

 

それでは、線で区切られている各項目ごとに説明していきます。

 

①TRAVEL DETAILS

・When is your departure going to the Philippines?(日本の出発日はいつですか?)

 ※航空券を見ながら出発日を入力

 

・When are you arriving in the Philippines?(フィリピンの到着日はいつですか?)

 ※航空券を見ながら到着日を入力

 

・Select type of port of entry (POE) in the Philippines(フィリピンの入国方法を選択してください。)

 ※AIRPORTを選択

Airport/Seaport of Arrival(到着地)

上記でAIRPORTを選択すると下記のような具体的な空港名が選べますので

セブ直行便→MACTAN-CEBU INTERNATIONAL AIRPORT

マニラ経由便→航空券を見ながらNAIA T1 or NAIA T2 or NAIA T3

を選択

 

・Arriving as passenger or crew?(搭乗客として、または乗務員として到着しますか?)

 ※AIRCRAFT PASSENGER(搭乗客)を選択

 

・Passport Type(パスポートタイプ)

 ※NON-PHILIPPINE PASSPORT HOLDER(非フィリピン国籍のパスポート保持者)を選択

 

・Classification(分類)

 ※FOREIGN NATIONAL(外国人)を選択

 

・Have you been vaccinated for COVID-19?(COVID-19の予防接種を受けたことがありますか?)

※ワクチン接種を受けたことがある場合はYesを選択

 

・Vaccination Card(接種証明の種類)

 ※NATIONAL VACCINE CARDを選択

 

・Country where vaccinated(ワクチンを射った国)

   ※JAPANを選択

 

 

②PERSONAL PROFILE

※赤いアスタリスク(*)のついた項目は必須項目です。

・Last Name*:名字

・First Name*:名前

・Middle Name:ミドルネーム(空欄でOK)

・Suffix:サフィックス(空欄でOK)※Jr.など名前に付け加えるもの

・Birthdate*:誕生日(誕生日を入力すると自動的に年齢が入力されます。)

・Sex*:性別 男性はMALE、女性はFEMALEを選択

・Civil Status*:婚姻状況 独身者はSINGLE、既婚者はMARRIEDを選択

・Nationality*:国籍 JAPANESEを選択

・Philhealth No.:空欄でOK  ※フィリピンの健康保険番号

・Passport Number*:パスポート番号

・Contact No.*:フィリピンの電話番号 滞在ホテル or  語学学校の番号を入力

・Email*:メールアドレスを入力

・Occupation*:職業 OFFICE WORKERやSTUDENTなど職業を入力

 

入力したデータがそのままワンヘルスパス(One Health Pass)に反映されるので、入力が完了したら再度、間違えていないか確認をしましょう!

 

 

③RESIDENCE DETAILS

・Destination upon arrival in the Philippines?*(フィリピン到着後の行き先は?)

※HOTEL/RESOT/TOURIST DESTINATIONを選択

 

・Name of Hotel*:ホテル名か語学学校名を入力

・Province*:州を選択 下記のようにプルダウンで候補が出ますのでセブの場合はCEBUを選択

 

・Municipality/City*・市町名を選択 下記のようにプルダウンで候補が出ますので自分の宿泊先の住所を調べて該当の市町名を選択

 

・Barangay:空欄でOK  最小の地方自治体(日本の自治会のようなもの)

 

 

④TRAVEL DETAILS

・Country/Territory of Port of Exit*:出国する国 JAPANを選択(他国の場合はそれぞれの国を選択)

・Airline Name*:航空会社名を選択 下記のような候補が出ます。(候補はもっとたくさんあります)

 

・Flight Number*:便名を入力

・Other’s Flight Number:空欄でOK

・Date of Departure*:出発日を入力

・Date of Arrival in the Philippines*:フィリピン到着日

・Seat/Bed No.:空欄でOK  座席番号

・For FOREIGN NATIONAL*:渡航種別  HOLIDAY/PLEASURE/VACATIONを選択

・Other’s:空欄でOK

・Purpose of Travel*:渡航目的 HOLIDAYを選択(留学生もHOLIDAYを選択)

・Permanent Country of Residence*:居住国 JAPANを選択

・Permanent City of Residence*:居住市町村 私はKAWAGOE CITYと入力しました。

 

 

⑤VACCINE INFORMATION

・Have you been vaccinated for COVID-19?*(COVID-19のワクチンを接種したことがありますか?)

※YESを選択した場合は以下へ進みます。ここでは3回接種済みの場合を説明します。

・FIRST DOSE*:YESを選択 1回目の接種

・Date of 1st Dose*:1回目のワクチン接種日を入力

・Name of Vaccine*:1回目に接種したワクチン名を選択

 

・SECOND DOSE*:YESを選択 2回目の接種

・Date of 2nd Dose*:2回目のワクチン接種日を入力

・Name of Vaccine*:2回目に接種したワクチン名を選択

 

・BOOSTER DOSE*:YESを選択 3回目の接種

・Date of  Booster Dose*:3回目のワクチン接種日を入力

・Name of Vaccine*:3回目に接種したワクチン名を選択

・Country where vaccinated*:JAPANを選択 ワクチンを接種した国

 

・UPLOAD VACCINE CARD/CERTIFICATE:ワクチン接種証明のデータをアップロードします。

※私は市で発行してもらった紙ベースのワクチン接種証明書は、1〜3回目までの記録が記載されているので、1回目、2回目のワクチン接種証明書と3回目のワクチン接種証明書は同じデータをアップロードしました。

※市町村にて発送してもらう紙ベースの接種証明書は出入国時でも使い勝手が良く有効期限はありませんので、早めの入手しておくことをオススメします。(発行までに1週間程度掛かります。)

接種証明アプリのデータをアップロードしても大丈夫です。

 

 

⑥COUNTRIES TRAVELED

過去30日間に働いた国、訪れた国、通過した国を記入。

該当がない場合(日本だけの場合)は無記入でもOK。

 

 

⑦EXPOSURE HISTORY

14日前にコロナウイルスの症例(可能性の高い症例)に接触したか?

基本的にNOを選択

 

 

⑧CLINICAL INFORMATION

Have you been sick in the past 30 days?*(過去30日以内に病気になりましたか?)

該当なしの場合、NOを選択

該当がある場合は、YESを選択して下段の病名を選択

 

 

⑨DATA PRIVACY AND AFFIDAVIT OF UNDERTAKING

入力した情報に虚偽がないこと、もし虚偽がある場合には刑事責任を問われることやプライバシーポリシーに関しての記載があります。

一読、同意であれば、赤い文字で書いてある先頭のチェック欄に✔︎を入れます。

 

 

⑩CAPTCHA SECURITY

最後に表示されているセキュリティ用のローマ字や数字を入力してSUBMITを押します。

 

SUBMITボタンがPLEASE WAITに変わり少し待つと

 

数秒後にバーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)が発行されて画面に表示されました!

但し、これは仮のワンヘルスパス(One Health Pass)です。

このあと、フィリピン側で入力データのチェックが行われ、完了後、QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)が発行されます。

このバーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)でも、日本出国時のチェックインやフィリピンでの入国審査も受けられます。

 

翌日(約30時間後)にデータチェックが完了したエクスプレスレーンを通れるQRコードワンヘルスパス(One Health Pass)がメールで届きました。

QRコードの下には

『QUALIFIED FOR EXPRESS LANE』(エクスプレスレーン適合者)

の文言が付け加えられ、こちらを提示するとエクスプレスレーンを通り、イミグレーションに直接向かうことができます。

 

フィリピン側のイミグレショーン前には、このように

バーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)

を分ける看板があり、QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)を持っている人はそのままイミグレーションで入国審査が受けられるのでとても早いです。(通常の入国審査と一緒でした。)

通常の入国審査同様、帰国時の航空券のチェックはありましたが、接種証明書などの書類チェックはありませんでした。

 

一方、バーコードのワンヘルスパス(One Health Pass)しか持っていない人は、順番に空港スタッフに書類などをチェックされていて時間が掛かっている様子でした。書類チェック完了後、イミグレーションへという感じでした。(詳細は不明)

 

時間に余裕を持ってデータを登録して、エクスプレスレーンが通れるこの

QRコードのワンヘルスパス(One Health Pass)

を入手してからフィリピン入国すると、とても早くイミグレーションを通ることができますので、こちらを入手しましょう!

 

以上で、入力方法の説明は終了です。

 

ワンヘルスパス(One Health Pass)の入力項目は、ちょくちょく変更になっておりますので、上記を参考にしながら最新情報を確認して入力をお願いします!