アメックスゴールドカードからSPGアメックスカードに乗り換えました!

アメックス

 

今まで私がオンライン決済や日本滞在時にメインで使用していた『アメックスゴールドカード』。

アメックス

ポイントのマイル移行や海外旅行保険でとてもお世話になった『アメックスゴールドカード』。

特に海外生活が長い私にとって『アメックスゴールドカード』の海外旅行保険には何度お世話になり助けてもらいました。

セブ移住生活を送りながらも海外旅行保険が使えて本当にありがたい話です。

そんなありがたい『アメックスゴールドカード』ですが、今年からマイルへの年間移行可能ポイントが、今までの8万ポイント→4万ポイントに半減するルール改悪がありました(泣)

 

私はセブ島在住なので普段はフィリピンの銀行『BDO』が発行するクレジットカードを使用しております。(ペソ支払い)

最近作成したばかりなので限度額は10万ペソと常に枠いっぱい使用している状態です。

実績を積んでいけば利用可能枠が広がると思い、セブではあえて日本のクレジットカードは使用せずにBDOが発行するクレジットカードを使用しております。(オンライン決済はアメックスを使用)

 

そして、ルールが改悪した『アメックスゴールドカード』に代わるメインに使用するカードを検討した結果

 

アメックス

SPGアメックスカード

 

を新たに作成して使用して行くのが現状ベストだという答えが出ました。

 

今回は、私が乗り換えた『SPGアメックスカード』の特徴についてお送りいたします!

 

【SPGアメックス】ココがポイント!
  • JAL・ANA両方のマイルが貯められる
  • マイル移行できる航空会社は40社以上
  • マリオット、リッツカールトンゴールドエリート会員資格自動付帯
  • カード更新時にグループホテル無料宿泊券がもらえる

 

SPGアメックスメリット

・JAL、ANA両方のマイルが貯められる

マイルの交換先がANAだけではなくJALのマイルにも交換できるのが大きなメリットです。

私は普段、セブ〜成田をセブパシフィック航空(LCC)をメインに移動していたり、他の国に行くのにもセブから行くことが多くあまりJAL、ANAを使用しないのですが、やはり日本人としてはこの2社(グループ)がメインになりますよね。

今まで使用していた『アメックスゴールドカード』はANAマイルにしか交換できなかったのですが、SPGアメックスカードではJAL、ANA両方のマイルに交換できます。

 

マイル移行できる航空会社が40社以上

詳しく数えてはいないのですがマイル移行できる航空会社は40社以上。

『アメックスゴールドカード』は15社だったので倍以上に増えます。

ちなみにあのダイナース系は5社です。

以上から『SPGアメックスカード』が圧倒的に数が多いことがわかります。

柔軟に幅広く移行できるカードです。

 

還元率が1.25倍と異常に高い!

『SPGアメックスカード』は100円で3ポイントがもらえます。

そして3ポイントを1マイルに交換できます。

※1ポイント=1マイルではないので注意

 

6万ポイントが1単位となりますが、6万ポイントをマイルに移行すると

 

5,000マイル

 

のプラスボーナスがあります!

 

60,000ポイント(200万円分)をマイルに移行した場合

 

60,000ポイント→20,000マイル+5,000マイル=25,000マイル

 

となり還元率は1,25%となります。(JAL系では最強)

 

・マリオット/リッツカールトン/SPGのゴールドエリート会員資格自動付帯

・部屋の無料アップグレード

・アーリーチェックイン(空いていれば12時)

・レイトチェックアウト(14時)

 

などなど、常連さんと同じ資格が自動で手に入ります。

と簡単に言っておりますが常連さんになるには宿泊で達成しようとすると、対象のホテルに年間25泊以上する必要があります。

通常1泊5万円ぐらいするので、普通、宿泊だけでゴールドエリート会員になるのは無理ですね…

 

ちなみにカードの名称になっている『SPG』は

スターウッド プリファード ゲスト

の略称です。(グループの名称)

 

現在、SPGグループはマリオットグループと合併し、マリオットグループの傘下です。

こういったホテルグループの合併の経緯もあり、SPGアメックスカードを所有すると、SPG、マリオット、リッツカールトンのゴールド会員(ゴールドエリート)の資格を自動で付帯されることになります。

 

・カード継続で無料宿泊券がもらえる

東京マリオット、沖縄シェラトン、リッツカールトン沖縄など全国のマリオット、シェラトン、リッツカールトンの無料宿泊券がカード更新時にもらえます。

年会費は31,000円+税と少々お高いですが、このカード継続特典だけで年会費分のメリットを受けることも可能。

 

・海外旅行保険は十分なレベル

詳しい額などは書きませんが、自動付帯で十分な海外旅行保険が付きます。

航空券などを購入して利用付帯にすれば、補償額が増えるので旅行の費用は『SPGアメックスカード』で支払いのが良いです。

私もこれからたまにお世話になると思います。

 

・国内空港ラウンジが無料利用できる

国内の空港ラウンジほとんどで利用でき、同伴者1名が無料です。

 

その他、アメックスゴールドカードでお馴染みの細かいサービスが受けられます。

・航空便遅延費用補償

・海外からも日本語対応の「オーバーシーズ・アシスト」

・手荷物無料宅配サービス

・キャンセル・プロテクション

・オンライン・プロテクション

・ショッピング・プロテクション

 

SPGアメックスカードデメリット

・国内旅行保険が弱い

海外旅行保険に比べ、利用付帯でも国内旅行保険は補償が薄いです。

ただ、国内旅行はそれほど大きなトラブルになることはないのと、私はほぼ海外滞在なので問題ないかと思います。

 

・プライオリティパスはない

『アメックスゴールドカード』はプライオリティパスに対応していて年2回まで海外の空港ラウンジが無料で使えましたが、海外のラウンジが使えなければ使えないで何とでもなるので大きな問題ではないですね。

 

SPGアメックスカードまとめ

・JAL、ANA両方のマイルが貯められる

・マイルに移行できる航空会社が40社以上と圧倒的に多い

・60,000ポイントをマイルに移行で5,000マイルの+ボーナスがもらえる(還元率1.25%)

・高級ホテルであるSPG、マリオット、リッツカールトンのゴールドエリート会員資格が自動付帯

 →部屋の無料アップグレード、レイトチェックアウトなど

・カード継続更新でホテル宿泊無料券がもらえる(マリオット、シェラトン等に無料宿泊)

 →年会費以上のメリットを受け取れる可能性が高い

SPG、マリオット、リッツカールトンの対象ホテル宿泊で、約100円で18.5ポイント獲得。

→マイルに交換した場合、6マイル以上(マイル還元率6%は最強レベル)

・海外旅行保険は十分なレベル

・国内空港ラウンジが無料で利用可能(+同伴者1名も無料)

 

ここまでで、年会費31,000円+税は十分に回収可能です!

 

多少のデメリット

・国内旅行保険が薄い

・プライオリティパスの設定がない

もありますがメリットを見たら気にならないレベルです。

 

通常アメックスのWebサイトから申し込むと

spgカード

入会後、3ヶ月以内に10万円以上の決済で

30,000ポイントプレゼントが

 

spgカード

当サイト経由で申し込んでもらうと(上記の画像クリック)、入会後3ヶ月以内に10万円以上の決済で合計39,000ポイントがもらえるのでとてもお得です!(私にも紹介ポイントが入るのでWin-Winです。)

 

年会費:31,000円+税と決して安くはありませんが、海外旅行好きな方は持たない理由がないカードの中の1枚ですね!

 

まだ使用を始めたばかりですが、今後も使用感を紹介していきたいと思います!