ローカルスタイルでエビを楽しむ!『BOILING SHRIMP HAUZ マクタン店』〜新マクタン飯Vol.13〜

ローカルスタイルでエビを楽しむ!『BOILING SHRIMP HAUZ マクタン店』

マクタン島のローカルエリアにあるこのエビのお店。

セブ島にも2店舗あり、人気店のようです。

ローカルエリアにあるので、場所的に

全ての観光客のみなさんにオススメ!

という訳ではありませんが、美味しいエビが食べられたので、今回ご紹介したいと思います!

ぜひ、近くに宿泊のみなさんでエビ好きな方は行ってみてください!

クラウンリージェンシーマクタンの道を挟んで向かい側にあります。

 

エビのお店といえば、マクタン島セブヨットクラブエリアにある有名店

『バケットシュリンプ』

の方がロケーションや雰囲気が良いのでオススメです!

【バケットシュリンプ】セブヨットクラブにあるおすすめレストラン②〜新マクタン飯 Vol.2〜

 

エビ&フィリピン料理『BOILING SHRIMP HAUZ マクタン店』
  • 熱々のエビに特製ソースを絡めて手づかみで食べる!
  • 定番のフィリピン料理も楽しめ、特にシシグがオススメ!
  • ローカルエリアにあるので、ローカルの雰囲気が楽しめる!

 

『BOILING SHRIMP HAUZ マクタン店』について

場所は?

場所はオールドブリッジからタミヤ方面に向かう道沿いにあります。

 

マッチョバー『VALENTINO(バレンティーノ)』のすぐ近くです!

バレンティーノ【セブ島女子の夜遊び/2022年7月更新】マッチョバー『VALENTINO(バレンティーノ)』

 

グーグルレビューの評価は、『4.4』となかなかの高評価です。

 

夜に行くとこんな感じで、少し怪しい照明、雰囲気の建物の一角にあります。

こちらの施設は決して怪しいお店ではなくて、ローカルの人たちが楽しむビリヤード場とバーが一緒になった施設です。

オーナーさんは一緒で、メニューも全ての場所で共通でした!

お酒を飲みに行くだけでも使えそうなお店です。

 

メイン道路からのこの施設へ入ったところに『BOILING SHRIMP HAUZ マクタン店』はあります。行けばすぐに分かります。

 

雰囲気は?

壁にかわいいエビの絵が書いてあり、ローカル感のあるシンプルな店内です。

お金を掛けずにうまくお店を作っているなぁという感じです。

それでもエアコンはしっかり効いていて、清潔感もありますので、食事をするには全く問題はありません。

 

エビはゆでたてのアツアツな状態で提供されます!

ビニール手袋をして手づかみで殻を剥きながら食べるので、最初の方はヤケドに注意です!

 

メニューは?

↑ 表面はフードが中心

 

↑ 裏面はドリンク中心

 

まずは、エビを注文!これはシンガポーリアンチリソース:299ペソ

チリと言っても辛くはなく、ご飯に掛けて食べたくなるような後を引くソースで美味しかったです!

そして、写真は撮っていないのですが、もう1セット追加で注文し、こちらはWESTERN CAJUNソース:299ペソで楽しみました!

こちらのソースもとても美味しくオススメです!

ソースはその他、『インディアンカレーソース』と『ガーリックバターソース』の計4種類のソースから選ぶことができます。

 

・ポークシシグ:180ペソ

約2年ぶりに食べたシシグは、サンミゲルピルセンとの相性バツグンでとても美味しかったです!

 

・サンミゲル・ピルセン:70ペソ

ローカル向けのレストランなのでめっちゃ安いですね(嬉)

 

今回は、エビ・シシグ・ピルセンの3点セットで満足な夕食を過ごすことができました!

エビがゆでたてのアツアツの状態で出てきますので、最初のうちはヤケドをしないように注意が必要です!

また、店内には水道もありましたので、手が汚れた時はいつでも洗えますのでご安心ください!

 

エビやそのソース、シシグの味はとても良かったので、近くに滞在のみなさんにはオススメのレストランです!

 

※メニューは税込・サービスチャージ込みなので分かりやすいです。

店名 BOILING SHRIMP HAUZ マクタン店
ジャンル エビ/フィリピン料理
料金 500ペソぐらい
クレカ 現金のみ
営業時間 11時00分~23時00分
TEL 0961 953 5302
地図
Web https://www.facebook.com/boilingshrimphauz