セブ島アイランドホッピング【徹底解説】おすすめの島は?料金は?持ち物は?

セブ島の人気No.1アクティビティー『アイランドホッピング』

パンダノン島

セブ島の大人気アクティビティーである『アイランドホッピング』。

セブリゾートエリアがあるマクタン島からボートで1時間ぐらい離れると、熱帯魚がたくさんいる写真のようなキレイで透明度バツグンの海で泳げたり、セブならではの離島を巡ることができます!

 

そうです、みなさんがセブ島旅行を決めた時に見たパンフにあるような青い海、白いビーチがそこにはあります!

 

残念ながら基本的に観光客のみなさんが滞在するエリアには、気軽に行ける青い海、白い砂浜はありません…(リゾートホテル除く)

 

『アイランドホッピング』と『ホッピング』と言うぐらいなので、島を2つ以上巡るのですが、基本的にスノーケリングの際に1つ目の島(上陸なし)、ランチや写真撮影のために2つめの島の島に上陸と上陸する島は1つのことが多いです。

 

せっかくセブなのだからとたくさんの島を巡りたい気持ちも分かりますが、大雑把にはどこの島も『ザ・南国の離島』という感じなので、南国でのんびり過ごすには、1つの島でゆっくり時間を取ることがアイランドホッピングを楽しむコツですね!(特にファミリーや大人のお客さま)

※いくつかの島を移動すると少々せわしないですね。

 

【セブアイランドホッピングおすすめの島3選MAP】

セブ島から気軽に行ける『アイランドホッピング』でおすすめの島は

①パンダノン島

②カオハガン島

③ナルスアン島

の3つです。この3つの中から選べば間違いありません。

 

セブ島『アイランドホッピング』
  • 青く透き通った透明度バツグンの海!
  • 色とりどりのたくさんの熱帯魚!
  • 白い砂浜の広がるビーチでのんびり!

 

セブ島の人気No.1アクティビティー『アイランドホッピング』の料金は?

パンダノン島

観光客のみなさんはツアー会社のツアーに参加するのが安心です!

ツアー会社、訪れる島、相乗りグループツアー or 貸切ツアーで料金は多少変わりますが相場として

 

1人3,000ペソ(約6,000円)〜4,000ペソ(約8,000円)

 

です。

 

また、自力でボートを借りて行くこともできますが、フィリピン人の知り合いが一緒またはセブに慣れている人が一緒にいる場合は大丈夫ですが、観光客の方がローカルの人と交渉してボートを借りることは全くおすすめしません…

確かにボートの値段だけなら安いかもしれませんが

 

・ボートが小さかったり

・ランチが無かったり

・高いレストランに連れて行かれたり

・送迎が無かったり

・追加料金を取られたり

 

という話はよく聞く話なので、せっかくのセブ島旅行でイヤな思いをしないためにも、ツアーに参加して快適に楽しんで、思い出をたくさん作りましょう!

 

また、どうしてもローカルの人から直接ボートを借りてアイランドホッピングに行きたい方は、下記のことに注意して交渉してみてください。

 

・貸切でボートの値段はいくらか?(4,000ペソ/1隻ぐらいが相場)

 ※安すぎるのは小さく、エンジン音がうるさいのでおすすめしません。

 ※パンダノン島は他の島に比べて遠い(ガソリン代が掛かる)のでプラス1,000ペソぐらい。

・集合場所はどこか?

・何人乗りのボートか?(20人乗りぐらいの大きさが良い)

・ランチ・ドリンクは付いているか?(普通は別)

・スノーケルマスクは付いているのか?(普通は別。レンタル料100ペソ/1個)

・島への入島料は込みかどうか?(普通は別)

 

基本的にはボートのみの料金と考え、事前にしっかり確認しましょう。

(ライフジャケットは通常無料で付いてます。)

 

また、私も経験があるのですが、ローカルの人からボートを借りた場合、ランチに『フローティングレストラン(水上レストラン)』に連れて行くと言われる場合があります。

この『フローティングレストラン(水上レストラン)』は、シーフードなどにプライスが書いていないことが多いので、ちゃんとプライを聞いてから注文しましょう。

また、ビールやお肉のバーベキューなど普通に安い物でもめっちゃ高いので、そのつもりもで行ってくださいね!(島の経済に貢献するつもりで 笑)

連れて行った人には、お店からコミッションがもらえるので、だいたい連れて行こうとします。

 

フィリピン人は『OK!』と調子よく言っていても、日本人と違っていい加減なので『OK』じゃないこと(日本の常識が通じないこと)も多々あるので、そんな時はイラっとせずに笑顔でいましょう(笑)

『モーベンピックホテル』、『マリバゴブルーウォーター』、『Jパークホテル』の入口付近には地元のフィリピン人がたくさんいるので、歩いているだけで声を掛けてくると思います。

 

セブ島の人気No.1アクティビティー『アイランドホッピング』の持ち物は?

パンダノン

ツアーに参加であれば、水着とツアー代金さえ持参すれば楽しめます!

ということでここでは、あった方がより楽しめる持ち物を中心にご紹介します。

 

・水着(濡れても良い服装)

水着はホテルを出発時に着てきましょう。また、泳ぐつもりはなくてもキレイな海を見たら、『ちょっと入ってみようかな?』と思う可能性が高いので、水着は着てきましょう。もし、日本から持ってきていなくても、セブのショッピングモールで安いのも購入可能です。(最悪はTシャツ・短パンでも大丈夫です。)

また、ラッシュガードを着てくるとそのまま泳いでも乾きやすく、日焼けも防げるので良いですね。

 

・サンダル

ビーサンでも大丈夫ですが、カカトのあるマリンシューズの方が脱げにくく、泳ぐ時も履いたまま泳げるのでおすすめです。

 

・大きめのタオル

バスタオルがベターですね。ツアーに参加すると貸してもらえる場合が多いです。

ホテルのタオルを持って行く方も多いですが、ホテルによってはタオルを持ち出せない場合もありますのでご注意ください。

 

・水中スマホケース

もしかしたらこれが一番重要かもしれませんね(笑)

当社のツアーでは、Goproを無料レンタルしておりますので、水中での写真もバッチリです。

 

・日焼け止め

現地でも購入可能ですが、時間がない方は日本から持って行くのが良いですね。

セブの紫外線はとても強く、次の日に日焼けで体が熱い(痛い)という話はよく聞きます…

泳ぐとき以外はTシャツなどを着て日焼けしないようにしましょう。特に肩、背中を焼き過ぎて翌日大変なことになっている方がいます。

 

・サングラス

なくても大丈夫かなと思いますが、あれば良いですね。

 

・濡れても良いカバン

たまに波が高くてボートの外側から思いっきり海水が掛かることあります。また、直接海水が掛からなくても、どうしても塩が付きますのであとで拭けるカバンで行きましょう。

 

・ウェットティッシュ・ティッシュ

ツアーに参加するとツアー会社が用意してくれますが、特にグループツアーに参加する方は自分用のを持って行くと良いですね。セブのスーパーマーケットでも購入可能です。ウェットティッシュは赤ちゃんのお尻拭き用のウェットティッシュを購入すると良いです。

 

・お水

みなさん持って行くと思いますが、ツアーにドリンクが付いていても、とりあえずペットボトル1本は持っていきましょう。

 

これに、ツアー料金、ランチ・ドリンクが付いていない方は事前に買って持ち込みましょう。また、船酔いしやすい人は酔い止めの薬をお忘れなく!(現地でも購入可能)

ツアーに参加する方は、スノーケルセット、ライフジャケットは用意されているので自分で用意する必要はありません。

 

セブ島の人気No.1アクティビティー『アイランドホッピング』でおすすめの島は?

パンダノン島

スミロン島やマラパスクア島など遠方の島もおすすめの島として挙げているサイトもありますが、いわゆるセブ島アクティビティーの『アイランドホッピング』で上陸するのにおすすめな島は下記の3つです!

 

①パンダノン島

パンダノン島

私が一番おすすめするのはパンダノン島です!

パンダノン島をおすすめする理由は

 

・写真スポット多数

・白い砂浜と遠浅の青い海

・コテージでのんびりランチやビール

 

ボート乗り場のあるマクタン島からボートで約1時間30分ぐらい掛かりますが、時間を掛けてでも行く価値のある島ですね!

あらゆる世代の人におすすめです。

『パンダノン島』については下記も参考にしてください。

パンダノン島 【パンダノン島】天国に1番近い島〜セブアイランドホッピングおすすめの島!

 

当社のアイランドホッピングでもダントツで一番人気の行き先です!

パンダノン島 【貸切】パンダノン島ツアー~セブ島アイランドホッピング~(Gopro無料レンタル)

 

②カオハガン島

カオハガン

日本人オーナーであり、『何もなくて豊かな島』として人気の『カオハガン島』。

写真スポットは少なめですが、白い砂浜、遠浅の透明度バツグンの海には癒されます。

また、島民が運営するシーフード売り場やお土産売り場があったり、島の人の生活が垣間見れたりと、日本で忙しくしている人には、島でのんびり流れる時間が、何かを思い出させてくれるでしょう!

『カオハガン島』については下記も参考にしてください。

カオハガン 【カオハガン島】日本人オーナー何もなくて豊かな島〜セブアイランドホッピングおすすめの島〜

 

また、当社の『カオハガン島アイランドホッピング』は、朝10時ホテルピックアップとのんびりな集合時間なので、大人のお客さまやファミリーのお客さまに特に人気です。

カオハガン 【貸切】カオハガン島ツアー~セブ島アイランドホッピング~(Gopro無料レンタル)

 

③ナルスアン島

ナルスアン

長い桟橋が有名な『ナルスアン島』。

韓国人オーナーの小さい島でありながら写真スポットがたくさんあり、特に写真をたくさん撮りたい女子旅のお客さまにおすすめです!

ただ、小さい島なのでそれほど見所はなく、島内には食べ物、飲み物が持ち込みできずバーベキューランチが楽しめないので、『ナルスアン島』は写真用に寄って、もう1つ違う島に行くのがおすすめですね。島内でのランチはカフェかフィリピン料理ビュッフェになります。

『ナルスアン島』については下記も参考にしてください。

ナルスアン 【ナルスアン島】あの長い桟橋はココに!〜セブアイランドホッピングおすすめの島!

 

当社では人気No.1『パンダノン島』と『ナルスアン島』の2島を巡るツアーが女子旅のお客さまには大人気です。

【貸切】ナルスアン島&パンダノン島ツアー〜セブ島アイランドホッピング(Gopro無料レンタル)〜

 

パンダノン島

パンダノン島

基本的にセブの『アイランドホッピング』は、離島に上陸する前に、透明度バツグン、キレイな熱帯魚がたくさんいる海洋保護区にてスノーケリングも楽しめます。

 

セブ島の人気No.1アクティビティー『アイランドホッピング』のトイレ事情は

パンダノン島

特に女性のお客さまアイランドホッピング中のトイレはどうなのか気になる方も多いかと思います。

バンカーボート内には簡易トイレがありますが(写真の右奥に見えるのがトイレです)

・便座がない

・トイレットペーパーがない

・スペースが狭い

・揺れるので用を足しにくい(笑)

・そのまま海に流す

と女性のお客さまには少々、難易度の高いトイレとなっています(笑)

 

また、各離島にもトイレはあります。

ただ、ナルスアン島のトイレは比較的キレイなのですが、こちらも

・便座がない

・トイレットペーパーがない

・スペースが狭い

・水は流れない

とこちらも女性のお客さまには大変なトイレになっておりますが、みなさん何とかなっていますので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

 

セブ島の人気No.1アクティビティー『アイランドホッピング』で貴重品管理は?

パンダノン島

基本的には各自での管理となります。

スノーケリング中、上陸して写真撮影中などは、ツアー会社のスタッフも目を離すことがありますので、管理には十分注意しましょう。

また、ツアー料金以外のお金はできる限り少額にしておきましょう。(ツアー中にお金を使うことはほぼありません)

トラブルが起きないように、ツアー料金はできれば先に払っておくのが良いですね。

 

 

【セブアイランドホッピングおすすめの島3選MAP】

①パンダノン島

パンダノン島 【パンダノン島】天国に1番近い島〜セブアイランドホッピングおすすめの島!

 

②カオハガン島

カオハガン 【カオハガン島】日本人オーナー何もなくて豊かな島〜セブアイランドホッピングおすすめの島〜

 

③ナルスアン島

ナルスアン 【ナルスアン島】あの長い桟橋はココに!〜セブアイランドホッピングおすすめの島!

 

みなさんは、どこの島に行ってみたいですか??

セブ旅行に来たら『アイランドホッピング』は、シニア〜お子さんまで、みんなが楽しめるアクティビティーなので、ぜひ行って欲しいアクティビティーです!

 

また、当社では豪華VIPバンカーボートでのアイランドホッピングも催行しておりますので、ぜひ豪華な雰囲気で楽しみたい方、社員旅行などでご利用ください!

アイランドホッピング豪華ボート 【貸切】豪華ボートでVIPなアイランドホッピング【ナルスアン&パンダノン島】