セブでがっつりシーフードが食べたいときはココ!『Seafood City(シーフードシティー)』

セブシーフードシティー

セブでシーフードが食べたくなったら『Seafood City(シーフードシティー)』へ!

セブシーフードシティー

お客さんに食事は何を食べたいですか?と聞くと、

『シーフード』がいいねぇ!

と言う答えが返って来ることが多いのですが、イカやエビ、ホタテ、魚などは意外とフィリピン料理レストランでも食べられます。(調理方法は限定されますが)

ただ、それではお客さんの求める『シーフード!』と言うイメージではないので、お客さんから『シーフード!』と要望が出たときには、観光客のみなさんでも安心して食事ができる

 

『Seafood City』

セブシーフードシティー

にお客さんを連れて行くことが多いです。

セブシティーにあるレストランなのでマクタン島からは遠いのですが、お客さんに距離感を説明してから行くことも多いです!(遠くても行きたいというお客さんは多いです。)

 

今回は、そんなマクタン島からでも行く価値アリのシーフードレストラン

 

『Seafood City(シーフードシティー)』

 

をご紹介します!

 

 

Seafood City(シーフードシティー)
  • 797ペソ(約1,800円)でシーフードが食べ放題!
  • 自分で食材、調理方法が選べるので楽しい!
  • ビュッフェなので観光客でも価格がわかりやすく安心!

 

『Seafood City(シーフードシティー)』の場所は?

『Seafood City(シーフードシティー)』はアヤラモールに近い、グランドコンベンションセンターという、結婚式や誕生日会などイベントなどで使うスペースをレンタルしている施設の1階にあります。

タクシーで行くときはドライバーに

 

『グランドコンベンションセンター(Grand Convention Center)』

 

と伝えれば通じます。

マクタン島から行く場合は、これに『セブシティー』と付け加えるとさらに良いでしょう!

 

セブシーフードシティー

グランドコンベンションセンターのメイン入口を入ると左側に『Seafood City(シーフードシティー)』はあります。すぐに分かりますね!

 

セブシーフードシティー

マクタン島からでも行く価値のあるレストランなのですが、マクタン島からだと通常で1時間〜1時間半、渋滞していると2時間以上掛かる場合もありますので、行くときは渋滞覚悟で行きましょう!

最近ではこのようにグーグルマップでリアルタイムの道路混雑状況をチェックすることができますので、特にマクタン島から行く場合には、道が混んでいるかいないかを事前にチェックしてから行きましょう!

また、なるべくラッシュ時間は避けた方がいいですね。

個人的には近くのアヤラモールで買い物をして、帰りがけに少し早めの時間帯に寄るのが良いと思います!私がマクタン島から行くときはこのパターンが多いです。

お腹が空いている時の渋滞は、かなりツライですもんね(笑)

 

『Seafood City(シーフードシティー)』のお店の雰囲気は?

セブシーフードシティー

比較的新しい建物『グランドコンベンション』内に入っているのでお店はキレイですので、観光客の方でも気分良く食事ができます!

 

セブシーフードセンター

私たちが行ったときは平日の夜にも関わらず19時過ぎというピークタイムだったのでド満席でしたがタイミング良く席に着くことができました!

人数が多いときや確実に席を抑えたいときは予約必須ですね!

 

セブシーフードシティー

そのためキッチンは超忙しそうにしてました!

 

お店全体の雰囲気はこんな感じです!

https://twitter.com/Hikky_Cebu/status/1141572795551191040

 

シーフードシティー

まずはドリンクを注文して乾杯してからバイキングスペースへ!

サンミゲルライト:80ペソ

ドリンクはバイキング料金には含まれず、別料金です。

 

セブシーフードシティー

ドリンクメニューはこちら。安からず高からずと絶妙な価格ですね。

 

セブシーフードシティー

スタッフにお願いすると箸がもらます。

箸の方が断然食べやすいです!

テーブルには、ナイフ・フォーク・スプーンしかありません。

 

セブシーフードシティー

店内に手を洗う場所とトイレがあります。

 

それではシーフードが並んでいるバイキングエリアに行ってみましょう!

 

『Seafood City(シーフードシティー)』のメニューは?

セブシーフードシティー

特にフードメニュー表は存在せず、並べられたシーフードをチェックしながら食べたい物を選びます!

 

セブシーフードシティー

このようにスタッフ(ガイド)が必ず1人付いて、オススメのシーフードや調理方法をアドバイスしてくれます!(席に座っているとスタッフが呼びに来てくれて一緒にバイキングスペースに行きます。)

いろいろスタッフに聞きながら食べたいシーフードと調理方法を選んで行きます。

 

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

このように水槽に入っている生きたシャコやエビはバイキングとは別料金となります。

よっぽどのことがない限りは、バイキングの範囲内で選んで食べれば大丈夫です!

 

バイキングではどんなシーフードが並んでいるかというと

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

セブシーフードシティー

いろいろな種類の魚を中心に、エビ、イカ、カニ、ホタテ、牡蠣があります。

 

セブシーフードシティー

少しですが、お肉のバーベキューもあります。

 

それではここからは、今回私たちが実際に注文した物をご紹介します!

セブシーフードシティー

チンゲン菜の炒め物

 

セブシーフードシティー

ホタテと野菜の炒め物

個人的にはこれが一番美味しかったです!

 

セブシーフードシティー

ガーリックバターシュリンプ

ちょっと甘い味付けでした…

 

セブシーフードシティー

チキンバーベキュー

 

セブシーフードシティー

ポークバーベキュー

 

セブシーフードシティー

イカフライ(カラマリス)

 

セブシーフードシティー

魚の丸ごとフライ(魚の種類不明)

 

セブシーフードシティー

魚の煮物(魚の種類不明)

白身魚の甘辛煮で個人的にはとても美味しかったです。

 

そしてスープが2種類

セブシーフードシティー

ティノラ

個人的はこのスープはとても美味しかったです。

 

セブシーフードシティー

シニガンスープ

 

セブシーフードシティー

ライス

 

シーフードとのフライドライス(チャーハン)もシーフードを選ぶときに注文できます!

 

いかがですか?

私がお客さんを連れて行くとみなさん満足してくれますので

『今日はシーフード!』

という気分のときにはぜひ行ってみてください!

 

また、特に人数が多いときは予約をしてから行きましょう!

 

少々、遠いですがマクタン島からでも行く価値のあるシーフードレストランです!

 

 

店名 Seafood City(シーフードシティー)
ジャンル シーフード料理
料金(1人) 1,000ペソぐらい
クレカ 各種使用可能
営業時間 11時00分~14時00分
18時00分~22時00分
TEL (032)260 8000
地図
Web https://www.facebook.com/islasugbuseafoodcity/