東横インセブ【徹底解説・レビュー】

東横インセブ

セブに旅行に来てまで『東横イン』に泊まりたくないという声も聞こえてきてますが、特にこだわりが無い人には、セブ旅行にも長期滞在にもオススメのホテルです!

 

東横インセブ
  • 宿泊料金が安い(シングル1泊約3,000円)
  • 空港無料送迎(タイムスケジュールあり)
  • WiFi問題なし
  • シャワーの水圧問題なし
  • バスタブあり
  • 日本の東横インとほぼ同じ仕様
  • 築浅なので部屋を含めキレイな館内
  • 朝食無料(意外と美味しい)
  • 屋上にはルーフトップバーがある
  • Jモール(ショッピングモール)と同じ建物で便利
  • 併設されている『SKY WATER PARK』(プール)入場無料
  • 併設されている『R SPA』(日系マッサージ店)の料金が宿泊者半額
  • マッサージのルームサービスが激安
  • Jモール内をはじめ徒歩圏内にレストランがいろいろある
  • 徒歩1分の場所にセブンイレブンがある
  • 日本食レストランが固まっているエリアに近い
  • KTV(フィリピンパブ)が固まっているエリアに近い

と挙げればキリが無いほど、他のホテルよりも良い点がいろいろあります。

リゾート感は『0』ですが、それを割引いでも宿泊しない理由が見つからないほどの好条件だと思うのは私だけでしょうか!?

 

『東横インセブ』の場所は?

ショッピングモール『Jモール』と同じ建物、6階より上が東横インになります。

コンビニ感覚でショッピングモールやスーパーマーケットに行けるのでとても便利です。

そして、Jモール内には東横インセブの入口近くにセブンイレブンもありとても便利です!

 

空港からは約40分。渋滞しているときはもう少し掛かります。逆に早朝は20分ぐらいで空港に到着します。

 

東横インセブ

スケジュールが決まっていますが、空港の送迎が無料なのでタイミングが合えばとても便利です!(スケジュールはWebサイトで確認できます。)

朝は5時から空港行きのシャトルバスがあるのはありがたいですね。

日本への直行便の一番早い便が、7時40分発セブパシフィック航空の成田行きなので、この5時のシャトルバスに乗れば余裕で間に合いますね!

 

また、場所にもよりますがリゾートエリアへは車で1時間程度と、それほど遠い距離ではありません。

リゾートエリアとシティーとの中間に位置しているので、両方を楽しみたい人には好立地です!

 

そして東横インセブがあるA.S.フォーチュナストリートには日本食レストラン、その他レストランがいろいろあるので飽きません!

ネオネオグリル 東横インセブ周辺おすすめレストラン(3)フィリピン料理『ネオネオグリル(NEONEO GRILL)』 呑ん気鉄板焼 東横インセブ周辺おすすめレストラン(5)日本食レストラン『呑ん気 鉄板焼(NONKI TEPPANYAKI)』 スキレット 東横インセブ周辺おすすめレストラン(6)洋食レストラン『スキレット(Slillet)』

 

また、夜遊び好きな人にとっては、KTV(フィリピンパブ)が集まっているので何かと便利です!

小町 【セブ島夜遊び】Japanese KTV(小町・ウイング・キング etc)【徹底解説】

 

また宣伝となりますが、『東横インセブ』から徒歩1分のところには私が運営している格安タイマッサージショップ『NUAT THAI A.S.フォーチュナ店』もありますので、どうぞよろしくお願いいたします!

早朝まで営業しております!

nuatthaiガイサノマクタン【癒し】

 

『東横インセブ』の雰囲気は?

東横インセブ

セブの風景に日本で見慣れた『東横INN』の看板。

少し違和感もありますが、セブに住んでいる私にとってはとてもうれしいことです!

 

東横インセブ

外観はこんな感じです。

下半分はJモールです。

 

スキレット

遠目から見るとこんな感じです。

 

東横インセブ

まるで日本の東横インを思わせる入口、看板。

 

東横インセブ

入口横には空港までへの無料シャトルバス

 

東横インセブ

約500室もありたくさんの宿泊客がいるので入口は常にお客さんが出入りしている感じです。

 

東横インセブ

入口を入ったらエレベーターで6階の受付へ。

 

東横インセブも良い点は、一度チェックインをしてしまえば、それ以降は受付を通らなくても自分の部屋に行くことがて便利です。

 

受付

東横インセブ

受付はチェックイン時間直後は多少混雑するようですが、今回は全く人がいませんでした!

ちなみにチェックインは、会員は15時、それ以外は16時。

またチェックアウトは朝10時と、他のセブのホテルに比べるとチェックインは遅めでチェックアウトが早めの時間です。

スタッフも表にはいませんでしたけど(笑)

日本同様に予約をしてあればスムーズにチェックインができます。

フィリピンちっくな部分は当然ありますが、受付スタッフはさすが東横インって感じがします!

 

東横インセブ

支払いはもちろんクレジットカードが使用できます。

 

東横インセブではルームサービスのマッサージがとても安く、受付で予約ができます。

私はチェックイン時に夜のルームサービスのマッサージを予約しておきました。

東横インセブ

ルームサービスなのにめっちゃ安いマッサージ料金です!

私も近くでマッサージ店を運営していますが、ルームサービスでこの安さは反則です(笑)

ピークタイム(夜)は予約が混み合うと思いますので、早めに予約しておくことをオススメします!

 

部屋

東横インセブ

マンションのような雰囲気の廊下を通って自分の部屋に向かいます。

日本の東横インは床がカーペットだと思いますが、ここセブではタイルが使われていてヒンヤリした感じです。

ですので、雰囲気がマンションっぽい感じです。

 

東横インセブ

今回はシングルルームに宿泊しました。

日曜日に宿泊したので割引があり

 

1泊=1,040ペソ(約2,200円)

※会員価格です。

 

とかなりの激安価格です!

通常価格は1泊1,300ペソ(約2,800円)。

これでも十分安いですよね!

しかも東横インポイントが1ポイント付きます。

 

セブでポイントを貯めて、日本で使うとポイントがお得に利用できます。

 

その他の料金については東横インセブWebサイトをご確認ください!

 

東横インセブ

部屋は日本とほぼ同じ間取りです。

ベッドの横にはテーブル、イス、テレビなどがあります。

 

東横インセブ

タオルを持ち帰る人が多いのでしょう…

日本語、中国語、韓国語で注意書きの書面が机の上に置いてありました。

 

東横インセブ

冷蔵庫、セーフティーボックスも日本と同じような配置にあります。

 

東横インセブ

電気ケトル

 

東横インセブ

ドライヤーも壁にしっかり設置されています。

 

東横インセブ

エアコンはLGですがインバーターで静かです。

 

東横インセブ

日本同様、ベッドの下にはスーツケースなど大きな荷物を置いておくことが可能です。

 

東横インセブ

セブでは室内の床もタイルです。

 

東横インセブ

東横インロゴの入ったお水が1本用意されていてありがたいですね。

 

https://twitter.com/Hikky_Cebu/status/1156551520910860289

シングルルーム室内は、こんな感じです!

 

バスルーム

東横インセブ

バスルームは、日本の東横インそのものですね!

細かい違いはあるのでしょうが、この写真だけでは、日本の東横インかセブの東横インかは分からないですよね!?

 

東横インセブ

歯ブラシが置いてあるのはうれしいですね!

 

東横インセブ

質は良くはありませんが、シャンプーとボディーソープも備わっているので、手ぶらで宿泊しても何とかなりますね(笑)

私は今回はこれを使いました。

 

東横インセブ

バスタブや洗面台ユニットはたぶん日本と同じモノを使っているのでしょう。

そっくりそのまま日本と同じサイズ、使用感です。

 

https://twitter.com/Hikky_Cebu/status/1155375035063738368

シャワーの水圧バッチリ、バスルームの雰囲気も動画でどうぞ!

 

『東横インセブ』の気になる朝食は?

東横インセブ

部屋数が多いので、朝食会場のスペースもとても広いです。

 

https://twitter.com/Hikky_Cebu/status/1157872414069362688

会場の雰囲気はこんな感じです。

 

東横インセブの朝食がどれくらい日本のクオリティーに近いのか気になっているのは私だけでしょうか!?(笑)

 

・どれぐらいのクオリティーの朝食なのか?

・日本のようにカレーはあるのか?(笑)

 

などなど…

 

カレーはありません(笑)

東横インセブ

日本の東横インの朝食ではついついカレーを食べすぎてしまう私ですが(笑)

残念ですが、セブの東横インの朝食にはカレーはありません…

 

受付でチェックがあります

東横インセブ

朝食は朝6時30分開始。

少し早く始まるかと思って早めに降りてみましたが、時間キッチリのオープンでした。

また、以前、泊まった時には部屋番号のチェックはなくフリーで誰でも入れた状態でしたが、さすがにチェックするようになりましたね。

 

メニューは?問題なく満足できます!

おにぎり

お米はたぶん日本米ではないと思いますが、ふりかけは日本製だと思いますので、セブでおにぎりが食べられるなら贅沢は言えませんね。

 

東横インセブ

プレーンライス

もちろんフィリピン人用に大量のライスも用意されています。

 

東横インセブ

パン

トーストにもできます。

 

東横インセブ

シリアル

シリアル用のミルクもありました。

 

東横インセブ

ナス・ニンジン・タマネギなどの炒めモノ

個人的には好きな味でした。

 

東横インセブ

カリカリベーコン

この時は、本当にカリッカリでした(笑)

 

東横インセブ

生野菜サラダ

朝から生野菜がふんだんに摂れるなんて、これだけでも価値のある朝食ですね!

 

東横インセブ

ゆで卵

 

東横インセブ

フリッジサラダ(マカロニサラダ)

マヨネーズは甘いマヨネーズで、デザートエリアに置いてありました(笑)

 

東横インセブ

バナナ

 

東横インセブ

スイカ

 

東横インセブ

ゴールデンメロン

果肉が黄色いスイカという感じです。

 

南国フルーツは期待裏切らず美味しいです。

マンゴーがあればと思うところですが…

 

スープは2種類

東横インセブ

味噌汁

セブでホテルの朝食で味噌汁が飲めるなんて最高の朝食ですね!

 

東横インセブ

シニガンスープ

フィリピン料理の定番スープ。東横インセブのシニガンスープも結構酸っぱいです…

 

東横インセブ

オレンジジュース

個人的には甘かった…

 

東横インセブ

コーヒー

意外と美味しくお代わりしてしまいました…

 

東横インセブ

朝食エリアの後ろでは、フィリピン人女性スタッフたちが一生懸命、次から次へと来るお客さん用に朝食を作っていました。こうやって見えるには安心ですね!

 

この安い宿泊料でこれだけのクオリティーの朝食を用意する東横インセブは本当に素晴らしいと思います!

 

プールが無料!マッサージが半額!!

併設する『スカイウォーターパーク』が無料

東横インセブ

今年の4月から併設する『スカイウォーターパーク』が宿泊者は無料になったようです。

通常の入場料が大人1,000ペソ、子供900ペソのようなので、無料とは大サービスですね!

逆に無料にしないと集客に苦戦していたのでしょう…わかりませんが。

スカイウォーターパークの公式Webサイトはこちら

 

東横インセブ

東横インセブ

東横インセブ

大人1,000ペソは高いと思いますが、無料ならいいですね!

 

東横インセブ

東横インセブ

東横インセブ

入場無料な分、中でお金を落とすと運営側きっとうれしいでしょう。

 

併設する日系SPA『 R SPA』が半額

東横インセブ

これはめっちゃお得なサービスですね!

6階に併設されている日本人経営のSPA『R SPA』が東横イン宿泊者は通常価格の半額サービス実施中!

 

東横インセブから徒歩圏内に格安マッサージ店『NUAT THAI』を経営する私ですが、強力なライバルです!

 

 

東横インセブ、豪華さを求めない人にはセブで1番オススメのホテルです!

 

 

『東横インセブ』周辺のレストランを紹介している記事は下記になりますので、参考にして見てください!

東横インセブ周辺おすすめレストラン(1)ステーキ【HANGOUT(ハングアウト)】 楽々 東横インセブ周辺おすすめレストラン(2)焼肉【楽々(RAKU-RAKU)】 ネオネオグリル 東横インセブ周辺おすすめレストラン(3)フィリピン料理『ネオネオグリル(NEONEO GRILL)』 筑前屋 東横インセブ周辺おすすめレストラン(4)日本食レストラン『筑前屋』 呑ん気鉄板焼 東横インセブ周辺おすすめレストラン(5)日本食レストラン『呑ん気 鉄板焼(NONKI TEPPANYAKI)』 スキレット 東横インセブ周辺おすすめレストラン(6)洋食レストラン『スキレット(Slillet)』 taoyuanセブ 東横インセブ周辺おすすめレストラン(7)中華レストラン『TAO YUAN(タオ・ユアン)』